利用規約

第1条(本規約の適用)

1 このDr.SNS利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社トピカ(以下
「当社」といいます。)が提供する本サービス(第2条に定義)の利用についての一切に適用されます。
2 利用者は、本規約に従って本サービスを利用するものとし、本規約に同意しない限り
本サービスを利用することはできないものとします。
3 利用者は、本規約に加え、本サービス案内等(第2条に定義)を遵守しなければならないものとします。

第2条(定義)

本規約における用語の定義は以下のとおりです。
(1) 「当社ウェブサイト」とは、当社の運営するウェブサイト(https://topica-works.com/drsns、理由の如何を問わず、当該ウェブサイトのドメインが変更された場合の、当該変更後のドメインを含みます。)を意味します。
(2) 「納入物」とは、当社が利用者に納入すべきものとして、第5条第2項に定めるものをいう。
(3) 「反社会的勢力」とは、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずるものを意味します。
(4) 「本契約」とは、本規約に基づいて成立する当社と利用者の間の本サービスの利用に関する契約を意味します。
(5) 「本サービス」とは、「Dr.SNS」の名称(名称が変更された場合には、変更後の名称を含みます。)で当社が提供するサービスを意味します。
(6) 「本サービス案内等」とは、当社が利用者に通知し又は当社ウェブサイトに掲載する本サービスの料金表、案内、ガイドライン、マニュアル、利用上の注意その他の本サービスの利用に関する情報を意味します。
(7) 「利用者」とは、本規約に同意したうえで当社所定の方法で本サービスの利用の申込みを行い、当社が当該申込みを承諾した者を意味します。
(8) 「利用者情報」とは、第4条に定義する利用者情報を意味します。

第3条(本契約の成立)

本契約は、当社が本サービスの利用者登録を希望する者から当社所定の利用申込により本サービスの利用申込を受け、当社がこれを承諾したときに成立するものとします。当社は、当社の判断により利用申込を承諾しないことができるものとし、かつ、利用申込を承諾しない理由を開示する義務を負わないものとします。

第4条(利用者の情報)

1 利用者は、前条の利用申込の際に当社が指定する情報(以下「利用者情報」といいます。)を提供するものとし、本サービス利用後に当該情報に変更が生じた場合には、速やかに変更内容を通知するものとします。当社は、当該通知がなされなかったことにより利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。
2 当社による個人情報の取扱いについては、別途当社が定めるプライバシーポリシー
(https://topica-works.com/privacy-policy)によるものとし、利用者は、当社が当該プライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱うことについて同意します。
3 当社は、利用者の本サービスの利用に関して当社が取得した利用者に関する情報を、統計的な処理をした上で、自由に利用することができるものとし、利用者は、これに同意するものとします。
4 利用者は、当社から本サービスの提供に必要な資料、情報等の提供その他の対応を求められた場合には速やかにこれに応じるものとします。利用者がかかる資料、情報等の提供その他の対応を怠ったことに起因して当社が本サービスを提供することができなかった場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(レシピ動画制作業務)

1 本サービスの内容は利用者のレシピ動画(以下「本レシピ動画」という。)の制作に
関する業務(以下「レシピ動画制作業務」という。)とします。
2 レシピ動画制作業務として本レシピ動画を制作した上で、納入物を納入することによ
り、レシピ動画制作業務を完了したものとします。
3 当社は、利用者に対して1動画に対して、2レシピの提案をするものとし、利用者は、当該2レシピの内、1レシピを選択するものとします。利用者は、当社に対して1動画に対して2レシピを超えてレシピを提案することを求めることはできないことを予め承諾します。
4 当社は、レシピ動画制作業務を遂行する上で、利用者から事前にヒアリングを行い、ヒアリング内容を踏まえた上で当社の独自の基本フォーマットに合わせて撮影を行うものとします。利用者は、当社に対して当該フォーマットを逸脱する動画制作を求めることはできないことを予め承諾します。
5 当社は、レシピ動画制作業務の遂行に必要と判断した場合、利用者に情報、機器、資料等の提出、ヒアリング機会の設定、撮影協力及び場所の提供を求めることができるものとします。利用者が当該情報、機器、資料等の提出、ヒアリング機会の設定、撮影協力又は場所の提供を怠った場合、それにより当社が本件業務を遂行できなかったとしても、当社は一切の責任を負わないものとし、かつ、第6条に定める料金全額が発生するものとします。
6 利用者は、当社に対して、納入した納入物について、修正を要求することはできないものとし、当社は利用者の修正要求に応じる義務を負わないもとします。但し、利用者の修正要求が、テキスト等の軽微な修正であると当社が認めた場合には、当社は、利用者の修正要求に応じ、1回に限り、納入物の修正をするものとします。
7 本レシピ動画を制作するにあたって必要となる本レシピ動画の出演者の肖像権その他
の権利処理は利用者の責任で行うものとし、当社はこれについて一切責任を負わないものとします。
8 撮影の日付等、レシピ動画制作業務のスケジュール、納入物の納入方法及び一次利用
の媒体については、別途利用者と当社で協議の上定めるものとします。
9 当社は、第1項に基づきレシピ動画制作業務が完了した後は、本条の納入物について本契約の内容に適合しない事実が発覚した場合であっても、当該不適合について、一切責任を負わないものとします。

第6条(本サービスの利用に伴う料金)

1 本サービスの料金及びその支払期限は、第3条に基づく利用申込の際に当社が提示する内容又は本サービス案内等において別途定めるところによります。利用者は、本サ ービスの料金を、第3条に基づく利用申込の際に当社が指定する方法又は本サービス案内等において別途定める方法で支払うものとします。なお、支払いに必要な手数料は、利用者の負担とします。
2 利用者は、本サービスの利用に必要な通信機器及び通信にかかる費用を、自ら負担す
るものとします。
3 利用者が、第1項の支払いその他本規約に関連して利用者が当社に支払うべき債務の
支払いを遅滞した場合、利用者は年14.6%(365日日割計算)に基づく遅延損害金を、本来支払うべき金額と共に当社に対して支払うものとします。
4 いかなる場合でも、当社は利用者に対し、料金の全部又は一部の返金を行わず、既発生の料金の請求権を失いません。

第7条(本規約等の変更)

1 当社は以下の各号のいずれかに該当する場合に、本規約(本サービスの料金に関する事項を含みます。以下本条において同じ。)を随時変更することがあります。なお、この場合には、利用者の利用条件その他本契約の内容には、変更後の利用規約が適用されます。
(1) 本規約の変更が利用者の一般の利益に適合するとき
(2) 本規約の変更が、本契約の目的に反するものではなく、かつ変更の必要性、変更後の利用規約の内容の相当性及び合理性があるとき
2 当社は、前項の変更を行う場合は、少なくとも14日の予告期間をおいて、変更後の利用規約の内容及び変更の効力発生日を利用者に通知するものとし、当該予告期間の満了日の経過をもって、本規約の変更の効果が生じるものとします。

第8条(解除)

1 当社は、利用者に以下の各号の一に該当する事由が発生したときは、直ちに書面にて通知することにより、本契約を解除することができます。
(1) 料金の支払を怠ったとき、その他利用者が本規約のいずれかの条項に違反したとき
(2) 差押、仮差押、仮処分、租税延滞処分、その他公権力の処分を受けたとき
(3) 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、又は特別清算開始の申立が行われたとき
(4) 解散(合併の場合を除きます。)あるいは事業の全部を譲渡し、又はその決議がなされたとき
(5) 自ら振り出し若しくは引き受けた手形又は小切手が不渡りとなる等支払停止状態に至ったとき
(6) 監督官庁から営業停止、又は営業免許若しくは営業登録の取消しの処分を受けたとき
(7) 当社が回答を求める連絡をしたにもかかわらず、7日以上回答がない場合
(8) その他当社が、利用者が本サービスを利用することにつき合理的に不適当であると認めたとき
2 本条に基づく当社の解除により利用者に生じたいかなる損害についても、当社は責任
を負わず、また当社は利用者に対して損害賠償請求することができるものとします。
3 利用者は、本契約に定めがある場合を除き、本契約を解除することはできないものとします。

第9条(委託)

当社は、当社の裁量により、本サービスに関する業務の全部又は一部を第三者に委託することができるものとします。

第10条(知的財産権)

1 納入物に含まれる知的財産権その他のレシピ動画制作業務に関連して発生した一切の
知的財産権は、当社に帰属するものとします。
2 前項の規定にかかわらず、利用者は、納入物を一次利用の媒体に使用することができますが、二次利用する場合には、納入物を二次利用使用する場合、事前に当社の承諾を得なければならないものとします。利用者は、当社が追加の対価の支払いを当該承諾の条件とする場合があることを予め了承します。

第11条(損害賠償)

当社は、当社の故意又は過失により、利用者に損害を与えた場合には、当該損害を賠償しなければならないものとします。但し、本契約に関する当社の賠償責任(本条に定めるものを含むがこれに限られない。)は、直接かつ通常の損害に限り、逸失利益、事業機会の喪失等の間接的な損害は含まないものとし、また、当社の賠償責任は、本契約に基づき利用者から現実に受領した本サービスの料金を上限とします。

第12条(秘密保持)

1 利用者及び当社は、本規約に関連して相手方から提供された情報のうち開示の際に秘密である旨明示された情報(以下「秘密情報」といいます。)について、相手方の承諾なく、本サービスの利用及び提供の目的以外に使用してはならず、第三者に開示及び漏洩してはならないものとします。
2 前項の規定にかかわらず、以下の情報は、秘密情報に含まれないものとします。但し、個人情報については、以下に該当する場合であっても秘密情報に含まれるものとします。
(1) 開示を受けた時点又は知った時点において公知であった情報
(2) 開示を受けた後又は知った後、秘密情報を受領した者の責めに帰すべき事由によらずして公知となった情報
(3) 開示を受けた時点又は知った時点において既に知得していた情報
(4) 正当な権限を有する第三者から知得した情報
(5) 相手方の秘密情報によらずして、創作、開発等した情報
3 第1項の規定にかかわらず、利用者及び当社は、法律、裁判所又は政府機関の命令、
要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができるものとします。
4 第1項の規定にかかわらず、当社は、第9条に定める場合には、その範囲に限り、秘密情報を利用し、第三者に提供することができるものとします。

第13条(広報)

前条の規定にかかわらず、当社は、本契約の終了の前後を問わず、利用者が本サービスを利用したことのある事実を広告宣伝、販売、広報その他の活動に利用することができるものとし、利用者はこれに同意するものとします。また、当社は、当該利用にあたって、利用者の商標、商号、ロゴその他の標章を使用することができるものとし、利用者はこれに同意するものとします。

第14条(通知)

1 当社は、本サービスに関連して利用者に通知をする場合には、利用者情報として登録
された電子メールアドレス・住所に宛てて電子メール・文書を送信する方法等、当社が適当と判断する方法で実施します。
2 前項に定める方法により行われた通知は、当社が電子メール・文書を発信した時点に、それぞれその効力を生じるものとします。

第15条(有効期間)

本契約の有効期間は、本契約の成立日から納入物の納入が完了し、本サービスの料金の支払いが完了するまでとします。

第16条(反社会的勢力の排除)

1 当社及び利用者は、次の各号に該当しないことを相手方に対して表明保証し、将来にわたり該当しないことを誓約します。
(1) 自ら並びにその親会社、子会社、関連会社、役員及び重要な従業員が、反社会的勢力であること。
(2) 自ら並びにその親会社、子会社、関連会社、役員及び重要な従業員が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること。
(3) 前二号に該当しなくなったときから5年を経過していないこと。
(4) 自ら又は第三者を利用して、当社に対し、次に掲げる行為又はこれに準ずる行為を行うこと。
① 暴力的な要求行為
② 法的な責任を超えた不当な要求行為
③ 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
④ 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて、当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
2 当社及び利用者は、相手方が前項に違反した場合、本契約を解除することができるも
のとします。
3 前項に基づき本契約を解除した当事者は相手方に対し、当該解除により相手方に生じたいかなる損害についても責任を負わないものとします。

第17条(存続条項)

本契約が終了した場合でも、第3条、第4条、第5条第5項から第7項まで及び第9項、第6条、第8条第2項、第10条から第13条まで、第16条第3項、並びに本条から第20条の規定は、有効に存続するものとします。但し、第12条については、本契約終了後3年間に限り存続するものとします。

第18条(権利義務の譲渡)

1 利用者は、当社の事前の承諾がある場合を除き、本契約上の利用者の権利若しくは義
務、又は本契約上の地位について、第三者への譲渡、承継、担保設定、その他一切の処分をすることはできません。
2 当社が、本サービスに関する事業を第三者に譲渡したときは、当社は、当該事業譲渡に伴い、本契約上の地位、権利及び義務並びに利用者に関する一切の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、予めこれに同意するものとします。

第19条(分離可能性)

1 本規約のいずれかの条項又はその一部が無効又は執行不能と判断された場合であっても、当該判断は他の部分に影響を及ぼさず、本規約の残りの部分は、引き続き有効かつ執行力を有するものとします。当社及び利用者は、当該無効若しくは執行不能とされた条項又は部分の趣旨に従い、これと同等の効果を確保できるように努めるとともに、修正された本規約に拘束されることに同意するものとします。
2 本規約のいずれかの条項又はその一部が、ある利用者との関係で無効又は執行不能と判断された場合であっても、他の利用者との関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

第20条(準拠法及び裁判管轄)

1 本規約の解釈及び適用にあたっては、日本法が適用されるものとします。
2 本規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審専属的合意管轄裁判所とします。
以上